今日は人生初めての日だったなんて

好奇心がある限り心を文字で表すことは大切です。日記を書きます。

古いテントは傷んでなかった

ひと月ほど前に友達が4人用のテントを持ってきてくれた。
捨てるのは忍びないからオートキャンプ用にでもして欲しいと言う。
メーカーはDUNLOP製で、どうやら1986年にあたりに発売されたものらしい。

 

最近の登山用テントは軽量化が進んでいて、
4人用でも2キロもないものが当たり前になっている。
これは、テント本体やフライシート、ポールを入れると3キロ近くもある。
何しろ金属製のボールが水道管のように太いのだ。

 

確かにこれを仲間で分け合って担いでも、
軽いものがあるのを知っている身には、とてもしんどく感じるだろう。
便利さを知ると以前には戻れないように、
人はそんな意味でもどんどん弱虫になっている。
というより、登山用テントはソロが主流になっているのだ。

 

暇があったらどこかのキャンプ場に行って使ってみたかった。
でも、なかなかそんな余裕がなく、
仕方なく居間に設営して友達に報告しようと思った。

 

袋を開けると頑丈そうな亜鉛のパイプが幾つかあって、
汗を流しながらそれらを床に並べ色々やってみた。
でも、私の頭では想像できず、どうしたら立ち上がるのか悩んだ末、
ダメもとでネットに品名と番号を入れて検索してみた。

 

すると、世の中には奇特なブロガーがいて、
全く同じ製品を写真入りで事細かに解説しているページがあった。
意味不明のポールのつなぎ方も、分かりやすく説明されている。
その写真を見ながらやっていたら、簡単にテントが組み立てられた。

 

部屋中が朱色に染まるような鮮やかな色。
ここが緑の高原だったらどんなに楽しいだろうか。
テントの中を見回すと、底にも天井にもほころびや傷はなく、

経年劣化も汚れもなかった。

 

ブロガーのその人によると、このテントは作られてから35年以上も経っているのに、
ゴムにもシートにもほとんど劣化がなく、

長年の使用に耐えられる良いものだと絶賛していた。
まるで一生モノのテントみたいで嬉しい。

 

試しに室内で張ってみただけだから、実際はどうかは分からない。
風で留め具が割れて飛ばされるかもしれないし、
地面から雨が漏ってくるかもしれない。

 

でも、車のそばに設営して楽しむオートキャンプだったら使えそうな気がする。
この大きさのテントは持っていなかったら、二人で行く時に使ってみよう。
さて、いつ行けるだろうか。

 

 

ドクダミ茶を美味しく作る

今年も薬草茶のようなオリジナル茶を作ってみた。

材料はティーバッグだけが市販品であとは散歩の途中で見つけたクコや、

庭のドクダミレモンバーベナというハーブだ。

 

ドクダミの葉は独特な匂いがするけれど、体にはかなり良いらしい。

大昔からドクダミ茶として飲まれているのは、

薬効は知らないけれど根拠があるからに違いない。

何も効果がなければおのずと廃れていくものだ。

 

庭のドクダミは春から夏に至る所にはびこっていて、厄介な雑草でもある。

地下茎で増えるので根絶はできないけれど、

それを抜くのは意外と簡単で、あっという間に両手で持てないほどになる。

 

軸をまっすぐに引っ張ればストンと根から抜けてしまい、

軸につく根には泥がついていても、

茎はヒョロンと長いのでざっと水につけるだけで洗える。

 

それを笊に広げカラカラに乾かせばお茶っ葉だ。

ドクダミだけでは癖が強いので、

私は同じようにして作っておいたクコや、

もっと癖のあるレモンバーベナなどとミックスして、

火を止めてから紅茶で味を調える。

紅茶のせいかは分からないけれど、

癖のない仕上がりで何回でも飲むことができる。

 

朝に一日分を作って冷蔵庫で冷やし、

手を休めるたびにそれを飲んでいる。

今年もクーラーは滅多に付けず、

灼熱の日々をこれで乗り越えようと思う。

 

ヤマモモ酒ができる頃には

ヤマモモの実には結構大きな種が入っている。

ネットで調べてみたら、ジャムにするにはその種を手でつぶすようにして、

ひとつひとつ丁寧に種を取り除かなければならない。

 

以前は杏子の実を取り除く時、同じような方法でやったけれど、

公園で拾って来た小さなヤマモモの実となると何倍も面倒くさい。

だから、お酒に漬けて色を楽しむことにした。

 

甘いものが嫌いな私は、ジャムを作ったとしても人に上げるだけだし、

お酒なら少しは役に立つし、何を置いても色を楽しむことができる。

故郷の兄も美しい色のお酒を作っているというので、

ジャム作りはあっさり諦めることにした。

 

果実酒を作るのは数年ぶり。

ちょうど適当なガラス瓶があったのでその中にヤマモモの実を入れて、

35度のホワイトリカーと少しだけ氷砂糖を加えた。

 

まだ色が染みなくても、底に沈む赤い色には惚れ惚れとしてしまう。

どうしてこんなに綺麗な緋色が自然の中から生まれるのだろう。

もちろん自然だからこその色なのだが。

 

キッチンに飾り、しばらく眺めた後、床下収納庫に入れた。

何年後かの忘れた頃、

きっとヤマモモの実のお酒は真っ赤な色をしてグラスに注がれ、

時の封印を解かれるだろう。

その頃、世界はどうなっているのか。

ウクライナの悲劇は終わっているだろうか。

 

 

ヤマモモの実と無関係な人々

先日、出かけついでにウォーキング公園を一周した。
そこには野球場やサッカー場などの大型運動施設があって、
周りには芝生が張り巡らされ、ウォーキング用の赤いトラックがある。


財政が良いのかいつも何かしら新設されたり修繕されたりしている。

そのため設備も近代的で多くの人たちが運動をするために訪れている。

毎日来ている人も多いように見受けられる。

 

芝生のあちこちには桜や松、

ケヤキなどの木々もあってかなりの大木になっている。

中には実のなる木があり、
ヤマモモの木はこの季節になると赤い実をつける。
この日も実のなる時期とあって、

ウォーキングコースが赤い実でびっしり覆われていた。

 

すっかりヤマモモのことなど忘れていたので、

その有様には驚かされた。

以前はよく歩いていたけれど、
ヤマモモの実が熟した頃に歩いたことがなかったのだ。


芝生に落ちたその実を口にしてみると、甘酢っぱい味がした。

きっとジャムが作れるに違いない。

私は車に戻ってビニール袋を持ってきて、ヤマモモ拾いをすることにした。


見上げると深い緋色をした小さな実が枝のあちこちについている。
桑の実と同じように黒っぽく熟した後、自然と地面へ落ちるようだ。

私はしゃがんできれいな実を袋に集めた。


その間、多くの人が私の横を過ぎていったけれど、
誰一人声をかける者はいなかった。

私は「何を拾ってるのですか?」とか、

「それって食べられるのですか?」と、
何人かの人に尋ねられると思っていた。
だけど、老いも若きも私の姿を一瞥もしなかった。


人々が何の興味も示さず、平気で赤い実の絨毯を歩いていく。
時には避けて通る人もいたけれど、

「何だろう?」と、木を見上げる人はいなかった。

 

とても驚いたけれど、これが、世界なのだ。
私は自分が世界から遠く離れた存在のようで、
何となく気分が重くなるのを感じた。 

 

ネギの二次栽培?をしてみたけれど

畑の端に雑草や野菜を積み上げていると、

そのうちに分解されて土になっていく。

きっと微生物の働きでそうなるのだろうが、

自然に任せるとこれが二年ほどかかる。

 

ざらしにせずに土の中に埋めると、

大体翌年には土に戻っているが、

繊維系の強いものはまだ形をとどめている場合が多い。

 

ざらしの屑ゴミはそのままだと見た目が悪いので、

地面に穴をあけてそこに入れ、上から土をかける。

庭はそんなに広くないので、

あちこちの土中に草や生ごみが入っていることになる。

 

野積みの枯れ草などをスコップでひっくり返していたら、

三月に畑を整理して捨てた大ネギが脇芽を出していた。

土にまみれているのに腐るこちもなく、

新しい子供のネギが育っていたのだ。

植物というものは自分のコピーをこうして連綿と送り出すのだろう。

 

今年は、友人がちょくちょく農家が育てたネギを持ってきてくれたので、

我が家の手塩にかけたネギが春まで残ってしまい、

やむなく何本も抜いて捨てたものだった。

ネギは暖かくなると木のように芯が固くなり利用できなくなる。

捨てるのは致し方なかった。

 

そんなふうにわざわざ苗を買って育てたネギを始末してしまったので、

とても勿体なく思っていた。

まさかそれら捨てられたネギが復活するなんて。

まるでネギが自己主張しているような気がする。

 

成長に期待して丁寧の親から子を外し、ひと畝に植えてみた。

野菜の二次栽培というものだ。

以前試みた豆苗はたった一回分の豆ごはんが出来ただけだったけれど、

ネギは期待して良さそうだ。

雨中登山に反省点多し

昨日、友人たちをテンプル山に案内していたら、

山に入って間もなく突然雨粒の音がした。

普通の雨だったら雨具を着るかどうか迷う余裕があるのに、

それどころではなかった。

 

霰のような大きな音で雨が落ちて来るので、

ザックから雨具を出す間、何もかにもびしょ濡れになった。

ズボンを履くのにも泥だらけの靴で履いてしまう。

 

まさかこんな雨になるとは思わなかったので、

スマフォの水対策もしておらず、慌ててリュックの底に押し込んだ。

私のスマフォは防水ではなく、機器が壊れたら被害甚大だ。

 

おかげで写真を撮ることができず、道々の記録ができなかった。

雨は30分ほど続いて、そのうち小雨になり、やがては青空も出てきた。

雨粒が大きくて雨具の効果もなく、かなり身体が濡れてしまった。

幸い新品の靴下は濡れなかった。

 

またテンプル山は低山ながらアップダウンが多い。

岩場の道もあるので滑りには要注意だ。

小さな山でも天候で大きく危険度が増す。

高山なら遭難の危険が大だ。

 

仲間の雨具もかなり水がしみたらしい。

全員が久しぶりの雨中行動だと言っていた。

私は全く用意が悪くリュックの中も濡れてしまった。

リュックカバーの防水が古すぎて効き目がなく、

カバーをする間にかなりの雨にやられたのだった。

 

友達は皆、リュックの中にインナーと言って、

少し厚手のビニール袋を入れている。

その中に荷物を入れるため、リュックが濡れても中身は大丈夫なのだそうだ。

また雨具のズボンを履く時のビニール袋も必ず持っているので、

泥だらけの靴でもズボンが汚れない。

 

久し振りの雨中行動に色々と反省する点が多かった。

彼女たちに学んで今度からもう少し完璧にしなくてはと思う。

 

女同士の食事は豪華だなあ

昨夜は四人で大いに盛り上がり、

普段の3倍ほどのお酒を飲んだ。

早寝の私が床に就いたのは12時近くだった。

友人たちはそれからもまだ宴を続けたという。

 

おかげで二日酔いとまでいかないけれど、朝は少し頭が重かったが、

5時にはお布団を出て朝ご飯の用意を始めた。

自宅居酒屋の後始末をしてお米を研ぎ、

昨夜の残りを新しいお皿に盛り付け直していたら、

仲間の一人が共同食担当とかで起きてきた。

共同食とはみんなの分のことで、彼らは山女だから特殊な言葉を使う。

 

彼女が持参したお野菜でベーコンのたっぷり入った汁を作ってくれた。

デザートには食べ頃のマスクメロンもある。

それらを食卓に並べると、まるでホテルの朝のようだ。

 

女同士の集まりは食事がバラエティに富んでいてとても豪華になる。

長年料理をし続けているからこその才で、

おかずが足りないということがない。

 

これが男同士の会だったらどうなのだろう。

偏見かもしれないけれど、出来合いの品が並び、野菜が少ないように思われる。

女たちは常に健康とグルメは一体となっている。

 

そんなわけで今朝も豪華な食事になったのだが、

皆、昨夜の飲み過ぎと食べ過ぎでそんなに入らなかった。

でも、食事が終わったら近くのテンプル山を私の案内で歩くのだ。

 

空は曇っているけれど日中は持つだろう。

でも、ここのところ落ち着かない天気が続いている。

雨具をすぐ出せるようにリュックの上蓋に入れて置かなければ。